JAPAN MADE PRIDE
BRAND COCEPT

ただ単に「日本で作っているから」ということではなく、「日本人のために日本人が作るモノ」を「日本製(JAPAN MADE)」と考えています。
それを貫き通すためにしてきたコト。こだわってきたコト。誰かのためとかじゃなく、自分が嫌だから妥協はしない。したくない。そんな作り手の思いをいっぱいに詰め込んだSWLブーツ。履き心地、履き易さを追求した日本人のためのSWLブーツ。
世界に誇れるモノづくりのプライドを、日本人のあなたの足で感じて欲しい。

日本人のためのブーツ

見た目の格好よさも大切。でもブーツは人が使う道具でもあります。海外ブランドのブーツは外国人のために作られています。SWLは日本のブランドだから、日本人のために作ってきました。軽さ、使いやすさ、デザイン。全てが日本人を思った作りなのです。

日本人の足型にあった木型

SWLは国内生産のみ。パートナー工場と「日本人の足型にあった木型」の開発に試行錯誤を繰り返してきました。日本人の足にフィットし、長時間履き続けた時のストレスも軽減してくれる。履き心地がよくて格好いい。それがSWLブーツです。

photo_teshigoto
手仕事を惜しまない物づくり

マニファクチュア(工場制手工業)で作られているSWLブーツ。機械を使う工程でも、必ず人の手を入れています。手仕事を惜しまない非効率な生産体制であっても、熟練した職人の持つ経験や知識、オンリーワンの技術を削る事はできません。

CONTENTS

・Six Wheel Life

・こだわり

・デザインのこと

・素材のこと

・製法のこと

・アフターサービス

BRAND HISTORY
2001年
(平成20年)
オリジナルブランドSlowWear誕生
日本、アジア、ヨーロッパの生産工場で生産。
2007年
(平成19年)
国内生産工場とパートナーシップを組む。生産は国内オンリーにシフト。
2007年
(平成19年)
パートナー工場と木型の開発に試行錯誤を繰り返す。
2008年
(平成20年)
Slow Wear Lionにブランド名変更。
「強いプライドをもった生産」を由来とする名称に変更。
2008年
(平成20年)
OB-8593、OB-8595をリリース。
※後にシリーズ化され軸となる、2品番の原型モデル。
2010年
(平成22年)
QUABAUG CORPORATION/マサチューセッツ州よりVibram Soleの輸入取引をスタート。
※Vibram Soleを装着したカスタムラインをリリース。
2011年
(平成23年)
オックスフォードシリーズをリリース。
※シーズンレスをテーマに一気にシリーズ化。
2012年
(平成24年)
HORWEEN社/シカゴより、クロムエクセルレザーの輸入取引をスタート。
クロムエクセルレザーを使用することがきっかけで、ダブルステッチダウン製法が始動。
2014年
(平成26年)
パートナー工場、引越しにともない設備が充実化。
グッドイヤー・ウエルト製法が本格始動。
※現在の主軸となる製法。
2015年
(平成27年)
マッケイ製法シリーズが本格始動。
※オックスフォードシリーズに採用
2016年
(平成28年)
SLOWWEARLION ブランド設立 15周年
2017年
(平成29年)
栃木レザーシリーズをリリース。
2019年
(平成31年)
「本格的なのに楽」をテーマに軽量化に向けて
Vibrm#148 通称クリッターリフトを採用。
2019年
(平成31年)
1946年創業、のイタリア・トスカーナにあるタンナー、TEMPESTI/テンペスティ。
テンペスティを代表する革、ELBAMATT/エルバマットを2019年秋冬使用。