Six Wheel Life

ちょっとした裏技

お客様からのお問合せで、 「片足はぴたっりだけど、もう片方の足が痛いかな」 「片足の、この部分だけ当たって痛い」 など、たまに聞きます。 両足なら「サイズ違い」や「甲高」かな、となりますが、 そもそも…

革のレアな印字のお話。

SWLはアッパーに、ホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用しているモデルが主軸になります。 クロムエクセルレザーは牛革です。牛の皮を鞣し革に加工されます。その面積を表した数字がデシ数になります。デシ…

SWLのエンジニアブーツは、従来のエンジニアブーツにはない独自の工夫があります。

ワークブーツと言えばアメリカ。アメリカが建国されたのは今から240年以上前の1776年。さまざまな産業のワーカーたちの足元をささえてきたのがワークブーツです。 森林伐採、道路工事、鉄道敷設、電線敷設な…

ハーレー乗りの皆様にはお馴染みのイラスト

このSWLブーツは、GAO NISHIKAWA(ガオ・ニシカワ)さんに描いて頂きました。GAOさんは、モーターサイクルや車など、乗り物をこよなく愛するイラストレーターです。また、モーターサイクルを基軸…

まさに最強の履き心地の全天候型のブーツ

   梅雨の時期は雨が多く、出掛ける時に何を着ていこうか?玄関先で何を履いていこうか?傘は必要か?バイクで行こうと考えていたけどやめとこうか、、、色々悩まされる季節です。天気予報をチェックし…

バイクでの使用に耐える堅牢性を持ったブーツ 〜ハーレーに乗る為のブーツに必要な条件〜

まずはじめに、スローウェアライオン(以下SWL)のブーツは、 「バイクに乗ることを想定して開発したものではありません。」 「バイクでの使用に耐える堅牢性を持ったブーツである。」 ということです。 皆さ…

相棒のようなブーツ 〜履き易さの理由(わけ)とは〜

スローウェアライオン(SWL)は、日本人により気軽にブーツライフを楽しんでもらう為に、ブーツを作る上で基本となる『履き易さ』を追求しました。   履き易さ(1): 日本人に合った独自の木型 …

最近ハーレー乗りに「OB-8593G」の愛用者が増えつつある理由。

Slow Wear Lionのブーツは、シャフトの内側にファスナーが装備されているモデルがほとんどです。  元々は玄関で靴を脱ぐ日本人の生活様式に合わせて装備されたサイドジップで すが、最近ハーレー乗…