BOOTS LIFE

BBQ慣れした大人を演出するならワークブーツです。

SWL BBQのイメージ

 近年、おひとり様キャンプ(ソロキャンプ)も大ブーム。バイクで出発、キャンプ先では誰にも邪魔されない時間を過ごす。 また、家族でキャンプ場に行く。この場合、多くは移動手段は車になるのでしょうか。 SWLは、その歩きやすさからタウンユースはもちろん、キャンプ場でスニーカーだと足元も不安な場所も安心のスペックです。

 夏のアウトドアBBQに、ラフで気軽なTシャツ&短パン、ビーサンで行きたくなる気持ちは分かりますが、これって実はNGスタイル。炭火を使うBBQでは、火傷防止の長袖シャツは必携ですし、足元はワークブーツで武装するのがお薦めです。スニーカーよりワークブーツのほうが、ぬかるんだ場所などでも安全です。

 余談ですが、実用とお洒落を兼ね備えたエプロンをすれば、汚れを気にする必要はありません。 BBQ慣れした大人を演出するなら、しっかり装備していくことをお薦めします。 また、テントって意外と靴の脱ぎ履ぎが面倒ですよね。ファスナーで脱ぎ履きが出来るのでシューレースブーツも毎回紐をほどくわずらわしさがなく、結び直したときの紐の締めつが、緩かったり強すぎたりの調節も不要です。 ソールパターンはバイクでは、ラグソールが選ばれることが多いですが、車の場合は、カカトのない一体型のクレープソールが人気です。 キャンプでも、旅先で観光地巡りのタウンユースでもシーンに溶け込みます。ワークブーツは万能選手です。

関連記事

まさに最強の履き心地の全天候型のブーツ
生産協力工場のお話です。
ハーレー乗りの皆様にはお馴染みのイラスト