PROCESS 製法で選ぶ

グッドイヤーウェルト製法
GOODYEAR_WELT グッドイヤーウェルト製法
グッドイヤーウェルト製法
ハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる手縫いの製法を元に、米国のチャールズ・グッドイヤー2世がそれを機械化し確立した製法。構造的に堅牢であり、ソール交換時のアッパーへの負担も少ないのが特徴です。履き心地はカチッとした印象。履き込むことで足型に沈み込む為、独特のフィット感が得られます。歩行性・緩衝性に優れ、また長時間の着用にも適しています。
ステッチダウン製法
DOUBLE STITCH DOWN ダブルステッチダウン製法
ダブルステッチダウン製法
ワークブーツの製法としては、グッドイヤーウェルト製法よりもかなり古くから存在していた伝統的な製法。構造はシンプルですが頑丈で気密性が高く、屈曲性が良く履きやすいのが特徴で、履き心地は柔らかく包み込むような感覚です。
マッケイ製法
MCKAY PROCESS マッケイ製法
マッケイ製法
19世紀中頃、イタリアマルケ地方で確立された伝統的な製法です。グッドイヤーウェルト製法をと比べると耐久性は劣るものの、最小限のパーツから作ることができ、見た目はスマートです。コバも競り出さないため、ドレスシューズなどと相性のよい製法です。