スタッフブログ

NEW モデルのリリースです。

アッパー素材に世界でも希少なタンナーである『栃木レザー』を使用した4インチのオックスフォードシューズが2018年のコレクションから新たにラインナップに加わります。

SLOW WEAR LION [OB-8958T] 栃木レザークラッシックオックスフォード/6月中旬入荷予定

 

 

 

 

 

 

昨年大好評だった8593GT │ 栃木レザープレーンMIDブーツに続く『栃木レザー』第二弾になります。

 

 

 

 

 

 

今回リリースされるオックスフォードシューズはソールにVIBRAM(ビブラム社)#700を使用し、ダブルステッチダウン製法で縫い上げ、カラーは前回同様ヌメ革をアッパーに採用しています。

ヌメ革は革の表面に加工が施されていない為使い込むと、色と共に内部からじんわりとつやが出てきて徐々に風合いが増していきます。初めヌメ革は肌色でつやがない革ですが、日光や熱などの刺激により革が元々含んでいる脂分が表に染み出して表面につやのある皮膜を作り、味わいと共にある程度の撥水効果をももたせるようになります。

 

こちらは前回好評だった

8593GT │ 栃木レザープレーンMIDブーツの経年変化の様子です。

 

 

 

 

 

SLOW WEAR LION [OB-8958T] 栃木レザークラッシックオックスフォードもこのように肌色が徐々に飴色に変化していくのですがその表情の変化はブーツオーナー1人1人の育て方によって全く違う表情に変化していきます。是非皆様もヌメ革のブーツを楽しみながらゆっくりと育てて下さい。

 

 

 

 

 

 

■栃木レザーとは?
栃木レザーは栃木県に本社を構える、昭和1937年創業の皮革(ひかく)製造メーカー。 植物性タンニンなめしを専門にレザーを製造するタンナーで、天然の植物由来のタンニン槽の中でじっくりとなめされた栃木レザーは日本一の品質を誇ります。 皮から革を製造する職をタンナーといいますが、日本で最高のレザーを製造するタンナーがこの栃木レザーです。 しなやかで堅牢、そして年月を重ねるごとに味わい深く変化していく栃木レザーは、日本のみならず世界中で評価されています。