スローウェアライオンは、日本人により気軽にブーツライフを楽しんでもらう為、日本の熟練の職人と試行錯誤を繰り返し、日本人特有の幅広の足型に合せた独自の木型を製作・採用しています。したがって履き心地においては、他のどのメーカーよりも足への負担が少ない状態でブーツを履いていただけると自負しています。
また、日本の風習である玄関での脱ぎ履きを考慮したサイドジップ、さらには日本の職人によるソールリペアもおこなうことで、より永きにわたってブーツライフを楽しんでいただける一足になっています。

DESIGN
プレーンMIDブーツ[品番8593]、エンジニア[品番8595]、オックスフォード[品番8958]をベースに、様々なデザインを展開しています。スローウェアライオンではそれぞれのデザインに合わせて再構築し、日本人の足に合った木型を製作しました。その為、履き始めから足に馴染み履き易いのが特徴です。
COLOR
ほとんどのモデルではブラックとブラウンを基本カラーとしています。さらに各モデル・デザインの魅力を引き出す為にシーズンごとに新しいカラーを展開しています。2015年秋冬の限定カラーは、デニムやワークパンツと相性が良いレッドと玄人好みのネイビーです。
MATERIAL
新色やデザインにどの素材が相応しいか、素材選びも大切にしています。これまで多くのモデルで採用してきた実績のあるオイルドレザー、そしてアメリカ老舗タンナーのホーウィン社のクロムエクセルレザーなど、世界中から集めた上質な素材を使用して日本国内で製作しています。
OUTSOLE
それぞれのモデルに合わせて数種類のソールを使用してます。歩き易さ重視のクレープソールや頑丈で無骨なラグソールなどのように、ソールの特性による違いはもちろん、その形状や色によってブーツ全体での印象も大きく変わる要素のうちの一つです。大きく分けて、オリジナルソールとビブラム社製(USA)ソールがあります。
PROCESS
良質な素材とソールを組み合わせたブーツをより永く愛用していただけるよう、製法にもこだわっています。独特のフィット感が得られるグッドイヤーウェルト製法、頑丈で屈曲性が良く履きやすいステッチダウン製法、すっきりとした仕上がりのマッケイ製法、コストパフォーマンスに優れエントリーモデルで採用しているセメント製法があります。
ブーツの選び方
経年変化&履き込みレポート

実際に履き込んだ経年変化の様子をご覧いただけます。

スタッフブログ

スローウェアライオンスタッフが日々の出来事をお伝えします!

メールマガジンのご登録はこちらから!

スローウェアライオンの新製品情報をはじめ、お得な情報満載のメルマガです。