BOOTS LIFE

本格的なのに『楽』な訳とは。

main_img1

この『楽』という言葉には、実は2つの要素が含まれています。

 

『楽』な要素・その1 │ 足にとってストレスのない形。

まず一つが、履いている最中に『楽』だという事。

スローウェアライオン(SWL)において徹底しているのは、『日本人の足型を徹底的に追求し、日本人特有の“甲高幅広”の足にとって最も良い・ストレスのない形でブーツを作る。』という点です。

海外のブランドや日本のアメリカンブーツを作るメーカーさんの大半が日本人に向けて唄っているのが“ワイズ”です。ワイズというのは、縦の長さに対する横の幅の最大値の基準であり、A~EEEという英語の表記がある中で、Aが一番横幅が細く、B~Cとなる毎にミリ単位で広くなっていきます。その中で、日本人の足型に最もよく合うとされているのが『Eワイズ』と言われてます。しかし、その事をよく分かっている方でも、Eワイズでブーツをチョイスしたにも関わらず、何故かきつい・・・、なんて事を経験した方も多いかと思います。

実はSWLが着目したのがまさにその点です。SWLは『横幅』に足して『甲の高さ』も徹底的に研究して木型を開発することで、他のブーツでは味わえない履き易さ、すなわち履いている際に『楽』だと感じられるブーツに仕上がっているのです。

 

『楽』な要素・その2 │ 着脱にストレスを感じさせないサイドジッパー。

そしてもう一つの『楽』、それは“着脱を楽に行える”という点です。

SWLでは基本的に、スタンダードモデルについては“サイドジッパー”をブーツに取り付けております。これは日本人にとって実は大変重要な要素です。

家の中で靴を履かない事をはじめ、飲食店や居酒屋などで必ずある『座敷』。この座敷においては日本特有の伝統文化であり、その場では必ず履物を脱がなければなりません。その際にサイドジップの無い靴を履いていった場合には、靴紐を緩めて脱ぎ、また履く際も靴紐をさらに緩めて履く、そして靴紐を締める。この動作がいかに大変かという事。時間にしてほんの数分の事ですが、この数分の時間の差が“ある”と“ない”とでは人は大きくストレスを感じる度合いが異なります。

SWLは“より一層の履き易さ”を追求しています。靴紐に触れることなく、サイドジップを下せばブーツの脱ぎ履きが『楽』に行える、これがSWLの最大の特徴と言えます。

 

SWLのスタンダードブーツ │ #8593G

item_8593g_01

こちらは上記の『楽』に加えて、更に『軽さ』も徹底するために、ソール(本底)の中でも最も軽いとされるビブラム社製の#4014“クリスティソール”を採用しております。クッション性が強く、何よりも“軽い”ことで、街中で履く際にもスニーカーのような履き心地を約束してくれます。

item_8593g_02

#8593G 商品詳細ページはこちら

 

ラグソールカスタムモデル │ #8593RS

item_8593rs_01

こちらはソールをオリジナルの“ラグソール”で組み合わせています。クリスティソールよりは重くなってしまうものの、耐久性において非常に優れたソールです。また、リペア(修理)についても、そのほとんどの場合で踵のゴム部分のみ(ヒールパッド)の交換で数年はもつなど、メンテナンスで有利な面もあります。

バイクに乗られる方や、登山をされる方(※登山に特化した性能や防水機能などは備わっておりません)、街中だけではなく普段も多少使い込む環境にある方には、是非こちらのラグソールカスタムタイプをオススメします。

item_8593rs_02

#8593RS 商品詳細ページはこちら

 

 

関連記事

定番8593GをHORWEENレザーでカスタム
街履きに特化したエンジニアブーツ
従来のエンジニアブーツでは味わえなかった、圧倒的な“フィット感”
履き心地に大切な“甲の高さ”
独自に開発した特別な木型