BOOTS LIFE

頑丈さと履き易さを。ダブルステッチダウン製法

ダブルステッチダウン製法は、実はグッドイヤー・ウェルト製法よりもかなり古くからある伝統的な靴の製法です。

IMG_7986

起源は1800年代後半に、木こりや泥地での作業をよりスムーズに行えるよう開発された製法で、通常は甲革(アッパー部分)の端の部分は内側に折り込むのですが、ステッチダウン製法の場合は外側に折り中板と縫いつけます。アウトソールは中板と一緒に縫いつける、または接着剤で張り付けます。

pro_stitchdown

グッドイヤーウェルト製法と比べると比較的単純な製法ですが、頑丈で気密性が高く水が浸入しにくい構造となっています。また、屈曲性が高いのでしなやかな履き心地で、靴の重量も軽くなる利点があります。

特に足を保護する機能を持たせる必要のあるワークブーツでは、重量が重くなってしまうのを避けるために、この製法が適していると言われています。

頑丈さ+履き易さ、この2つの特性を最も効率的に取り入れているのがこのダブルステッチダウン製法の最大の特徴です。

ダブルステッチダウン製法の商品はこちら

 

関連記事

SWL式ダブルステッチダウン製法
長く履く為に。グッドイヤーウェルテッド製法