BOOTS LIFE

注目のホーウィン社製クロムエクセルレザー

ホーウィン社は、1905年にアメリカはシカゴにて創業された皮革鞣しのメーカーです。100年以上、徹底した変わらぬ伝統手法で鞣す革に関しては、他の革と比較出来ぬほど美しく繊細で、かつ屈強な面も持つ唯一無二の存在感があります。

IMG_7996

このホーウィン社が誇る有名な革は2種類あり、“クロムエクセルレザー”と“シェルコードバン”が代表として存在し、特にシェルコードバンに関しては革業界での名称で、“革のダイヤモンド”とも言われる程美しい、という評判が御座います。

100年にわたり未だに“手作業で革を鞣す”このホーウィン社が定めるクロムエクセルレザー。拘りは加工の前より徹底しております。

革に関しましては、全てステアハイド(生後3~6ヶ月以内に去勢された生後2年以上の牡牛の革で、牛革の中で一番の強度を誇り、ライダースなどに使用されます。)を集め、タンナー(職人)が一枚一枚の原皮を確認した後におよそ“2.5㎜厚以上の原皮”のみを選別します。

クロムエクセルレザー(Chromexcel)は、実はほぼ100年前に開発された手法で、選別によって選び抜かれた原皮を“コンビなめし”という方法でなめし、牛脂、蜜蝋、植物性脂,魚脂などの計4種類以上の油脂をブレンドした、特性オイルを塗りこみ皮革に浸透させた牛革の、Horween社独自の製品名になります。

通常の皮革は、作業効率等をメインにし加工を行うので一般的には“石油”等の浸透率の良い素材を使用し、革に科学的視点から油を染み込ませる手法を使いますが、ホーウィン社の革は通常の何倍もかけ、人為的にではなく“皮のペース”でじっくりと油脂を漬け込み、染み込ませる事によって、革はベルトに使われる程厚いにも関わらず、油分が多くその質感や重厚感が他の革とは比べられない独自の雰囲気が注目され続けています。

IMG_8002

その優れた手触り・耐久性が世界的に注目されており、近年ではスポーツ界で使用するラグビーボールや野球グローブなど様々なスポーツシーンでも使用されています。

クロムエクセルレザーモデルはこちら

 

関連記事

風合いについてのお話
万能なオイルドカウレザー
レザーの手入れについて