BOOTS LIFE

レザーの手入れについて

ブーツを履くと泥や砂・埃が付着します。そのままにしておくと、シミや汚れの原因になります。気に入ったブーツを長く履いていただくには日ごろのお手入れが大切です。履いたらこまめにお手入れすることを心掛けてください。

 

オイルドレザー編

 オイルドレザーは、“なじみ易い革”の代表格ではありますが、初めは固さがあるのが特徴です。「日頃のケア&オイルアップによる手入れ」をすることで、効率よく馴染みを良くすることが出来ます。大まかな流れとしては、「埃を取る」→「付着した汚れをクリーナーで取り除く」→「オイルをしっかりと入れ込む」という工程になります。

 まず、お手入れの際に基本となる“ブラッシング”です。油分をたっぷり含ませた皮革になりますので、置いておく、履いているだけでも埃が付着してしまいます。この埃が付着したまま放置してしまう事で『埃が革に含まれている油を吸ってしまう』現象が起こります。初めのうちは目に見えない状態でも、数年という期間の経年変化によって、埃が油を吸い取ってしまった“跡”が残ってしまうという場合も御座いますので、履いた後や、気が付いた時など、「日頃行うブラッシング」を一つの工程としてお考え下さい。

 そして、ブラッシングのみでは落ちない泥汚れや油汚れ等は『クリーナー』を使用し汚れを取り除きます。クリーナーをおおよそパチンコ玉程の大きさで布に出して頂き、薄くまんべんなく全体に塗り込むことで、表面上の汚れの他にも、浮いてしまった油・染色剤が綺麗に拭き取れます。その後、クリーナーのだまをしっかり取る意味で、もう一度ブラッシングを行います。

 そして、そこからが肝心の“オイルアップ”です。オイルを入れる意図として「革を柔らかくしたい方」は柔らかさを促進させる素材として有名なミンクオイルを、「ある程度柔らかくなったから、革の乾燥を防ぐ“保湿”をしたい方」は植物性オイルで軟化を防ぐと同時に保湿に特化したレザークリスタルを使用します。

 ミンクオイルの場合は、薄く万遍なく塗り込み、その後ブラッシングで全体を慣らした後に通気の良い日陰に当たる箇所にて約1日置いておきます。その後、1日経過した後に再度ブラッシングを行います。

 レザークリスタルの場合は、薄く万遍なく塗り込み、その後「布で拭き取り」を行います。ミンクオイルとの違いはここで、レザークリスタルの場合『表面層を保湿する』名目での手入れになりますので、塗ってすぐに拭き取ってしまって構いません。そうする事で、乾燥している箇所のみに効率良く油を与えてあげる事が可能となります。

 その後はもちろんブラッシング。オイルを入れた後は必ずブラッシングを行って下さい。そうする事で、ムラなくオイルを入れる事が可能となります。革を馴染ませたい方は「クリーナー+ミンクオイル」の手入れをおおよそ1~2か月に1回程度、保湿をしたい方は「クリーナー+レザークリスタル」の手入れをおおよそ3~4カ月に1回程度、を目安に行う事で、とても良い馴染み方をしてくれるはずです。注意点は、「頻繁にやりすぎない事」です。

 

 

クロムエクセルレザー編

 クロムエクセルレザーは元々の油分がオイルドレザーより多く含まれているため、自然に早い段階で馴染むのが特徴です。上記でも記載したミンクオイル等の『革を柔らかくするオイル』だけの使用をお控え下さい。「日頃行うブラッシング」を一番メインとして頂き、「クリーナー+レザークリスタル」の手入れをおおよそ6ヶ月に1回程度行って頂くだけで、十分すぎる程のエイジングを味わっていただけます。

 

 どの革にも言える事ですが『思っているよりもオイルは入れなくも良い』という事を念頭において下さい。そのブーツを履いているだけでも“人の汗から出る油”が革にしっかりと入ってゆきますので、あまり神経質に手入れを行いすぎず、普段は軽くブラッシングを行う程度にて、革の経年変化を楽しんで頂ければと思います。

 


 東京・原宿直営店「Tools Infinity」では、スローウェアライオンブーツをお持ち込み頂ければ、その場でブラッシングやオイルなどのメンテナンスをさせていただきます。お近くへお越しの際は、是非お気軽にお立ち寄りください。(※土日祝などは、お預かりさせていただく場合もございます。詳しくは店頭スタッフまで。)

関連記事

万能なオイルドカウレザー
注目のホーウィン社製クロムエクセルレザー
風合いについてのお話
カスタムで自分だけの1足を。